その他(宇宙のこと、地球のこと、人間世界のこと)



<神言より>

○この地球は一番先に富士が噴火をして、四国が出来て、瀬戸内海に島が二つ、本州は(中国)

大陸と陸続きであった。

○この地球を、この日本を初める時には、この世界は泥海の世界で何にもなかった。それをわしは

ああもし、こうもしてと精一杯に作ってみたが、この営みはこつこつとやらねば出来ん仕事で、長い

年月歳月をかけて創ったが、わしが初めに考えたよりもちっと違ったものが出来た。これでも使えん

こともなかろうとこの世界の営みを初めてみた。

○この地球を回転させるために必要な場所に大陸を作り、高山を高原をどんな小さな岩石でも

地球を廻すために必要な場所においてある。水車を廻すと風がおこる。風車と一緒で海流で

地球の回転が出来ておる。

○地球の温度を一定に保つためには、山にも陸地にも海底にも沢山の鉱物、金物、大小金銀塊を

沢山にちりばめておいてある。太陽と星の光と熱と金の光とが地熱と水蒸気となって交差をして

風がおこる。それで地球の回転が出来ておる。金塊をかたっぱしから掘り出して使うてもらうと

地球の回転にも支障が出来る。地球がだんだんと傾きだす。草木が枯れる。植物が育ちにくい。

どんどんと砂漠が広がる。海水の温度を保てんと魚も育たん。

○この地球はちょうど百億六千万の物質で成り立っておる。それで地球の回転が出来ておる。

一つでも欠けたら地球は使えん事になる。鉱物、金物、動物、草木を育てるも、腐らすことも

出来ていく。

この日本の国は、火の国、根の国、底の国。日の丸の印はわしが授けた。

 この地球木は、日本の根が枯れると地球は使えん事になる。

この世界(宇宙)は大きなかたまりで、それから日(太陽)が飛び出して、いろいろの星が

 飛び出して、月が飛び出して残った ものが、お前達の住んでおる地球である。全ての星は

 この地球を廻すための営みを、働きをかけておる。れんたんと同じで星がともっておる間は

 働きをしておるが、消えると散っていく。

○わしは今から三千年のその昔、モーゼを下げ、インドの釈迦を下げ、キリストを下げ

聖徳大師には、この日本の国は大和の国で一人の人が和を作る事を説かし、わしは弘法大師

として世に出て、ひらがなの字を作り、今日この事あるをもって、その間にはいろいろの人を下げ

て、日蓮には風を吹かす力を授けて、この日本の国土を守らし、日蓮までは仏として仏の因縁

因果を説かし、(中山)みきは神として表に出して、ひらがなの字で本(おふでさき)を書かせ

お前(お日さん)に話しておるも(中山)みきに話してあるも、おんなじ事を話をさしてある。

人がどうして生まれたかの話元の話、元の理は(中山)みきにさしてある。お前にこの話をして

おる間がない、分からん事は人にも聞いてみてくれ尋ねてみてくれ。お前は助け一条に立て。

仏教では、キリスト教ではこの世界は救われんぞ。天理教でなかったらこの世界は救われん

時が来たぞ。

○今の天理教の組織は一列の陽気暮らしの話をしておりながら、徳川幕府と一緒で江戸家老

国家老。世界助けは出来ても、一列ならしの陽気暮らしにはほど遠いぞ。

○天理教の者は、信者がお供を運ぶのが当たり前の様に受け取っておる。運んでおる信者の

苦労が分かっておらん。残念な。(私は)天理に入って三十年になりますが今の天理教の組織には

納得が行きません。お月様は天理教だけではないぞ。いずれの世界も一緒ぞ(と言われています)。

○『おふでさき』を一通り読みましたが、世界戦争で火水風の大掃除となって地球の陸地三分の一

世界の人口四分の一になると『おふでさき』には書いてありません。お月様はこの『おふでさき』は

まだ三分の一あるぞと申されました。(天理)時報社に行って神さんが『おふでさき』はまだあると

いわれますがと言いますと「そんなものはありませんよ」と断られましたが、後日文部省に没収された

と聞きました。

小鳥の声を聞き、うまい実がなったら食える様に、海には魚を育て、人と人とは話しあいが出来て

この世を楽しく生きていける様にと、影からの働きはどれだけぞ。お月様はこう申されて泣かれました。

この営みを思ってくれたらお前達仲良く誠真実に暮らしてくれるのが本当ではなかろうか。

欲が過ぎるから何時でも戦争をせんならん様になる。

○お前達の住む世界はこの地球以外にはないはず。この事がよく分かっておりながら

ここからここまでわしの国、ここからここまでわしの海と、喧嘩は欲の取りあいで、金は自国で

作ってその金の取りあいをやって経済が行きづまると何時でも戦争をやる。

人生わずかしか生きてはおらんのに人殺しの道具ばかり作って情けない残念な。この世の

改善をせん事には何時までも戦争を続ける。欲と宗教の喧嘩を、人種の喧嘩を何時までも繰り

返す事になる。言語も自国の言葉を使うから、言葉の行き違いで喧嘩にも戦争にもなる。戦後は

日本語を話す事になる。

お前達は遊びを仕事にして大金をかける。真面目に働く者が馬鹿を見る。遊びは遊び仕事は

仕事と、この世の世直しをせん事には非行に走る者がどんどんと増えて、どうしようもない世界が来る。

○今のお前達のしておる事をみておると子供がまま事をしておるとおんなじで成人が出来ては

おらん。欲の取りあいは日本で出来た品物を、自動車をアメリカに送り、アメリカで出来た品物を

自動車を日本に送り、やったり取ったり。似た様な品物を山の様に作って、いつ誰が買いに来て

くれるやら分からん品物を倉庫に、店先に山と積んで、人件費をかけて税金をかけて、どうしたら

品物が売れるか、難儀苦労をしてあくせくと日を暮らす。売れ残るとごみにぶち込んで焼く。

むだな時間を費やして、五万年もかけて作った地球の資源のむだ使いをして情けない。

○人生わずかしか生きてはおらんのに、資本を使って自分の好き勝手な品物ばっかしを作って

おるから、何時でも経済が行きづまって来る。つまって来ると人殺しの道具を作って戦争をやる。

わしも言う事をきかん子供はいらん。 わしもしっかり種をまこうと良い種といらん種の選別をする。

断りを言うておく。承知をしてもらう。

わしは地球の子供に点をつける。十点を満点として、人間心半分あるなら種として残す。

 人を殺す道具を作る道具人もいらん。阿呆はどうしようもない。中庸の人間を残すことにする。

戦争が始まると同時に地球上のあらゆる物は公共共同の物とする。衣食住、山林、植林

森林、土地所、建造物、温泉、鉱物、金物、地球上のあらゆる物は、すべてわしが貰いうける

ことにする。わしはお月様。誰でも何でも食べて何でも使える様にと公共の物とする。この事の

いやな者は地球上に生存を許す事は出来ん。この話をしておきたい。承知をしてもらう。

この地球は今までに百二十六回、天変地変があって来た。今度で百二十七回目になる。

わしはこの地球の作り直しをする。わしの今度の仕事はこの地球初まっての、宇宙初まっての

大仕事じゃあ。

この地球はわしが創ったもの。わしのもの。お前達はわしの子供でお前達の身体もわしが

貸してある。

○この地球は元はといえば、わしが創ったもの。わしのもの。お前達には貸してある、お前達の

身体もわしが創った。心は自由に使うためにやってある。貸した地球も、お前達の身体も返して

もらう日が来る。承知をしてもらう。

○「このもとはどろうみなかにうをとみと それひきだしてふうふはじめた」(第六号三十二)
  (この元は泥海中に魚と巳と それ引き出して夫婦始めた)

  「にんげんをはじめかけたハうをとみと これなわしろとたねにはじめて」(第六号四十四)
  (人間始めかけたは魚と巳と これ苗代と種に始めて)

○顔は種 髪の毛は根 目が出て 息は息吹風 歯が出て舌は鰈(かれい) 食道は鰻(うなぎ)

 胃は鰒(ふぐ) 腸は黒蛇(くろぐつな) 男一の道具は鯱(しゃち) 女一の道具は亀(かめ) 

魚と巳と味わい、人間の身体をつくったとお月様はこう申されます。

人間はこの世に生れ直って来るまでには、蝶畜類から八千九度生れ変わり出かわりして

この世に人に生れ直って来ておる。

人の子の父母となり、親への、人の世の恩返しが出来てこそ、人に生れて来た甲斐がある。

 米の一粒も大根の一本も作った事のない、天地の恵みも親の恩も分からん人間が、どれだけ

立派な論文を書いてくれてもわしは受け取る事は出来ん。何億年もかけて作った地球の資源の

浪費をする。情けない。

原油を、鉄を、金属を、潜水艦、戦闘機、戦車、大砲、軍艦、ミサイル、殺人光線と、人殺しの

道具を作って金儲けをして、何のための学問か。それでなくとも人間は生きて行くためには全ての

生命を断って日々罪を重ねて生きておる。情けないのう。残念な。神の名を借りて欲の取り合いは

宗教と人種の喧嘩をやって何時までも続けておる。モーゼ、釈迦、キリスト、八百万の神々が

喜ぶとでも思っておるかのう。子供の成人を望んでもこの地球もまだ未完成じゃあ。

人殺しの道具を作る製品を、労力を、生活用品、日用品に作り替えて見よ。豊かに暮らして

行けるぞ。(お月さんは)人殺しの道具を作る事をやめてくれたら、わしもどんな働きもしてやるぞと

申されます。

○朝の日の出る前には、世界中の誰でもが起きて、朝の新鮮な息吹で長寿を保てる。

○朝な夕な月日星地に、光を貰いたいと願いをこめれば手の先から光が出て人助けも出来る。

○拍子木 時刻、太鼓 月日、 すり金 雨、琴 海の波、笛 息吹風、ちゃんぽん 夫婦、三味線 

親子孫三世、道具を使うて願いづとめをすれば地震を鎮める事も雷を止める事も、雨ごい、めばえ

虫送り、身上(病気)事情と心通りの守護がもらえる。

○お前達はこの世のあらゆるものを食い尽くし、罪の限りをつくしておるが、牛馬を、畜生を食うて

もらうと油が体内にとどまって血管がつまり神経痛等いろいろの病気の元になる。脳に油がたまると

物事を考える能力を失い、心も荒々しく強暴になって人殺しでも平気でやる。うつ病になる者と

癌になる者が後をたたん。どうしようもない。助けようもない。

(これからは)神があるものはある、ないものはないと、その者の心通りの守護をする。

働きをかける。先祖に、仏に、神に入り込んでもらって助けを取りたいと、その者の誠真実の心使いを

日々をみすまして先祖が、仏が、神が入り込んで働きをかける。これからは親もいらん、先祖も、仏も

神もいらん者に働きをかけん。心通りの守護をする。この断りを言うておく。承知をしてもらう。


このページのトップへ