月よりの神言(英語版)について


 英語版はA5版(80ページ)で、書名が下記のように「Fire,Water,Wind」となっています。

1.表紙について

  Revelations on the Fate of the Earth(地球の運命についての啓示)

 Fire(火),Water(水),Wind(風)

 As Channelled Through Hanai Sudo(須藤花井を通して)

 となっています。

2.内容について

(1) Foreword(序文)より一部抜粋

 昭和62年に同志社高校のアエバ カズヨシ氏とお日様(須藤花井)がアメリカ(ボストン)のマイケル・キーツ氏宅

を訪れたことを契機に、お日様がマイケル・キーツ氏に「月よりの神言」の英訳を頼まれました。

英訳された本「Fire,Water,Wind」は、久司道夫氏が設立されたボストンにある「One Peaceful World Press」

という出版社から、1992年4月1日出版されています。

(2) PartT(パートT)

(3) PartU(パートU)

 日本語版の「月よりの神言」が英語版ではPartTとPartUに分割して書かれていますが、なぜ分割されて

いるのかは分かりません。また、書かれた内容も日本語版の順序通りにはなっていませが内容はほぼ日本語版

と同じ内容になっています。


(4) Afterword(あとがき)

 あとがきは「One Peaceful World Press」の支配人であるアレック・ジャック氏により書かれています。

(5) Glossary(用語集)
 
 用語集は外国人向けに、分かりにくい用語の説明となっています。

(例) Amaterasu-kami(天照大神)、Tenri-o-no-Mikoto(天理王命)、 Koya-San(高野山)

 Tokugawa Bakufu(徳川幕府)、Wa(和)などの日本独特の用語などを分かりやすく説明しています。

(6) Resources(資料)より

 資料としては、「久志道夫研究所のセミナー、運命の研究、精神的なトレーニングセミナー

 人類の為の新しい医学」についての説明が書かれています。

(7) About the Author(著者について)より

 須藤花井は1917年日本に生まれました、夫は第二次世界大戦で亡くなりました。

彼女は若い息子(鉄之介)を育てる間、地球の運命について(お月様から)霊的で精神的な啓示を

受け続けました。この啓示は30年間続きました。



 このページのトップへ